247738429_171869525141197_1575349561854232428_n_edited.jpg

りょうすけさん(30代)

静岡県→石巻市(Uターン)

自然食食堂さん オーナー

https://www.facebook.com/naturalfood.restraunt.sun

情熱×食を考える一歩目を作る

以前は静岡の大学、大学院で栄養学の勉強をしていました。栄養学を学んだ後はお菓子の専門学校で料理を学んで、お菓子屋さんへ。実家が食堂ということもあって、僕も飲食業気質なんだなって思いました。

いくつか仕事場を変えるうちに東日本大震災が発生して、石巻に帰ろうと決めました。長男だったので、もともといつかは帰ろうと思ってたのが早まった感じですね。実家の食堂も被災してしまって全壊認定を受けて立て直なおすことに。食堂が大きくなって忙しくなったタイミングでした。実家の食堂は70年も続いているらしいです。

帰ってきてからは食堂を手伝いつつ、よく街に顔を出していましたね。そして2019年4月に“自然食食堂さん”を立ち上げました。料理を作る上で、自然食であるという事をとても大事にしています。大学・大学院で栄養学を学んで管理栄養士でもあるんですが、やっぱり根っこは料理人なので。食べれば食べるほど健康になる食事を研究したいと思っています。

 

例えば病気になった人が塩分摂取に気をつけなきゃ行けなかったり、糖尿病の人がカロリー制限するようになってから食事に気をつけたりするだけじゃなくて。健康な人でもより健康維持増進のために、こういう食事を取ればいいよと言える人間になりたいです。

今のメニューも添加物は一切入っていないのですが、自然食を特別扱いしているわけではありません。オーガニックな物を摂れば100%体が良くなるとは考えていないし、逆に添加物もうまく使えばいい物だと思っています。オーガニックも添加物もどちらにもメリット・デメリットはあるので、それをしっかり把握することが大切。オーガニックじゃないとだめだと思ってしまうような、知識が無いのに固執しまってはいけないとも感じますね。

実際、添加物が絶対必要な場面もあります。例えば緊急時の保存食とか、ある程度長期保存が効くものは作らないといけない。オーガニック食品に慣れた体になると添加物が入った物を食べると体調が悪くなったりはするけど、一番体に悪いのは何も食べない事。どうしても時間がないときも必要になるかもしれません。けれども、それがどう体に影響するかを考えながら食べてほしいなと思っています。

できる範囲で自分が健康でいられるように、生活にあった食事の選択をしてほしい。そんな意識をこの店から伝えられたら良いなって思っています。