243586535_387554729577555_6262392185779962333_n_edited.jpg

まさきさん(30代)

東京都→南三陸町(Uターン)

三陸の稀少海藻を届ける専門店

seaweed specialty store「SEASON」代表

https://season-matsumo.myshopify.com/

情熱×海藻まつもの陸上養殖

私は大学進学を機に南三陸を離れました。大学では環境化学を専攻し、卒業後は化学商社で7年間、建築材料の営業をしていました。

 

私の実家は土木建築業をやっていて、創業約100年になります。メインでやっている土木業の他にも事業に取り組んでいますが、会社の将来を考えたとき、このままでは難しいのではないかと思い、新規事業に取り組むため地元に戻ることを決めました。

まあ、私が長男だというのも理由の1つかもしれませんが。(笑)

 

最初は建築業での新規事業を考えていたのですが、将来性が見いだせず、全く新しい分野で何が出来るか。南三陸の豊かな資源、地形を活かせる事業はないか。と考えているうちに、仕事で漁業関係者との関わりもあったことから水産業に着目し、たどり着いたのが「まつも」という海藻でした。

 

皆さんは「まつも」ってご存じですか?松の葉のような形をしていて地元では高級品として認知されており、上品な磯の香りとシャキシャキした歯応えが特徴でお吸い物やまつも酢として料亭で扱われることが多い食材です。

他にも食、バイオマス、歴史・文化、生物など様々な視点で面白い生き物なんですよ!

これについて話し始めると長くなってしまうんですけどね(笑)

 

そんなまつもですが、今、生息域の変化や担い手不足による収穫高の減少もあり、食文化として危なくなってきています。

「まつも」を食べる文化を消滅させたくない。
「まつも」をもっと多くの人に知ってもらいたい。

という想いから、年間を通じて安定的に収穫できるよう陸上養殖を取り入れました。100年先も海藻文化を絶やすことなく、持続可能な生産と消費を実現し水産資源の保全を図るサスティナブルな取り組みを目指しています。

そして「SEASON」という海藻に特化したサスティナブルブランドを立上げ、いろいろな切り口で海藻を広めていきたいと思い活動しています。

 

他にも、休みの日の空いた時間には地元のトレイルガイドもしています。

ガイドを始めて、小さな町にも歴史や見どころが沢山あることをUターンして知りました。

いろんな場所を歩いて景色に癒され、ガイドしながらリフレッシュしています。

 

小さな町だからこそ、人それぞれが生き生きと活躍できる場所が南三陸には沢山あります!

まずは、旅行する感覚で構いませんので、ぜひ南三陸へ遊びに来てくださいね。

とても気に入ってくれると思います。