ijugirl_hirona.jpg

ひろなさん(20代)

神奈川県→気仙沼市(Iターン)

「鶴亀の湯・鶴亀食堂」https://kesennuma-tsurukame.com/

 

イラストレーター(修行中)

情熱×漁師さんの為の朝ごはん屋

神奈川でずっと仕事してたんだけど、職場の人間関係、環境で落ち込んでたとき、先に気仙沼に移住していた兄に「気仙沼にあそびにおいで」って誘われて、初めてきて、1週間滞在しました。

 

その中でいろんな移住者の人と話して、意識が変わって。「なにも神奈川にいなくていいんだ」って思って。家に戻って1週間で荷物まとめて移住しました。

振り返ると自分でもすごいと思うけど、移住するときの不安とかはなかった。アドレナリン出てたんだよね、たぶん。笑 兄がいるから、ではなくて、出会ったみんなが楽しそうだからきっと楽しいんだろうなって。ここで0からスタートできるんだ、って逆にうれしいかんじ。

 

実は、なにもかも変えたい!全部リセットしたい!って願望がずっとあって、それがいまだって瞬間だった。仕事辞めたいなと思ってたし、地元の友達も「一生会えないわけじゃないじゃん」みたいな。全部踏ん切りがついてたんです。ある意味、人生の門出でしたね。笑

移住した当時はまず言葉がよくわかんないし、人に対して気を遣いすぎて病みました。それを変えたのは鶴亀だったんです。お客さんの漁師さんたちにズバッと「お前暗いな!たのしいの?」って言われた時があって。がーん!ってなった。

そのままでいていいよって言ってくれてるのに、そこで変に意地になったり自分を隠さなくていいんだなって。素直であればあるほどみんな受け入れてくれる、このまんまでいいんだ、って思えたんです。

今まで都会では孤独だなって思うことが多かったけど、ここではひとりじゃないんだって思えて。頼りにしてくれていいよって言ってくれるひとがいる大切さに気づきました。人をないがしろにしない、人の話をちゃんと聞いてくれて、一緒に考えてくれる人がわたしのまわりには多いから、病んでても浮上できました。

人と人が話してるな、って思えるから、こっちもちゃんと向き合えて話せる。大切にされてるなって思えるから、逆に私もなにかできることはないかなって思えるようになりました。自分はもともとネガティブで最初っからダメって思い込んでしまうくせがあったんだけど、こっちにきて人生で初めてのことをいろいろやってみて、自己肯定感が爆上がりなの。笑

 

今は「やってみない?」ってことにはとりあえず「やってみます」って言おうって思えるようになった。ほんと、神奈川にいるときからは想像つかないくらい変わったよ、わたし。笑